【幻冬舎ゴールドオンライン】『夫の小遣い月1万円、移動はほぼ徒歩の「究極・節約妻」が貯めた9,000万円と年金月21万円で余裕のはずが…60代夫婦が「苦行の老後」を強いられたワケ【FPが解説】』

こんにちは。見つける。ツクル。
家計の総合医。ファイナンシャルプランナーの内田英子です。

幻冬舎ゴールドオンライン様にて記事を執筆させていただきました。

人生100年時代と言われ多くの方が長生きできる時代となりましたが、
年を重ねるとどうしても暮らしの中での困りごとも出てきます。

暮らしていくためにはお金が必要です。

長生きに備えて住居のリフォームや食べ物や身の回りの工夫とともに、お金についても
ぜひできる限り早いうちに対策をとっていきましょう。

こちらはフィクションですが、認知症時の金融機関の対応例や早くから始める対策についてご紹介しています。

お役立ていただけましたら幸いです。